★J.T. Kanehiraバイオグラフィー

1946年 島根県松江市で生まれる(長男・妹一人)。

1953年 一家で上京、西武池袋線の江古田に住む

1959年 練馬区立旭ヶ丘小学校卒業、麻布飯倉に引っ越す、
この頃叔父から初めてギターを習う。

1962年 港区立港中学校卒業、都立大森高校入学、
3年の時軽音楽同好会を創立してカントリー、ハワイアン、
ブルーグラスのバンドを指導する。

1965年 明治大学に入学、最初は軽音楽部のフルバンド
に所属、ジャズギターを勉強する。

1966年 カントリーケイパースに移籍、ペダルスチール
ギターを担当、竹中祐史先輩らの影響をうけ、カントリー
どっぷりの生活が始まる。

1968年 各大学混成メンバーで米軍ジョンソン基地
NCOクラブに出演、初めてプロと認められドルでギャラを貰う

1969年 明治大学卒業後「ホリプロ」の新グループに参加したが、
すぐに自分のバンド「ジャクソン」結成、
スチールギターは大江俊幸。

1971年 事務所(サンシャインミュージック)と意見が合わず
退団、「シマロンズ」(藤井三雄、高野秀臣他)と、
「カジュアルズ」(坂本孝昭、飯塚文雄他)にギターで参加。

1972年 カントリーロックを目指し「凧」結成、
スチールギターは荻野義典。

1975年 マニアックすぎて売れず「凧」解散、
この頃「なぎら健壱」と知り合う。

1976年 「ビタースィート」後に改名して「フジヤマパパ」結成、
5年間同じメンバーで活動、新宿ウィッシュボンを始め全国の
ライブハウス、米軍クラブに出演、又マイク真木、アグネスチャン他
のツアーバンドとしても全国をまわる。

1982年 よりピュアーなカントリーを目指し「テキサスカンパニー」
を結成、同時にファンクラブ「LONESTAR CLUB」発足、現在に至る。
その間トニー中村、ケイコ・ウォーカー、大野真吾らを育てる。

1983年 銀座ロッキートップで15周年記念ライブ、
ゲストはなぎら健壱。

1991年 ファーストアルバム「JT Blues」をテネシー州
ナッシュビルで録音。

1993年 芝ABC会館ホールで25周年記念コンサートを行う
ゲストはダグ・ジャーニガン(スチールギター)。

1998年 ホームグランドの「Lone Star ★ Cafe」開店。
4作目のアルバム「TEXAS TORNADO」をテネシー州ナッシュビルで録音。

2003年 所沢航空記念公園野外ステージで35周年記念コンサートを行う。

2006年 通算5作目になるナッシュビル録音のニューアルバム
「HELLO DARLIN'」
をリリース。

2006年 11月12日、還暦記念パーティを行う。

2008年 ハンク・ウィリアムスに捧げる「HONKY TONK BLUES 」をリリース。

2010年 ジョージ・ジョーンズに捧げる「SINGS GEORGE JONES 」をリリース。

2016年 11月6日、古稀記念パーティを行う。

何ヶ月かな?きっと初めての写真 父母に抱かれて・松江市内 1才の時・松江の写真館にて 父と妹と・鳥取県倉吉幼稚園の頃
特別二等車に乗って・旭ヶ丘小4年 遠足のバスにて・港中学3年 久が原の友人宅前・大森高1年の春

尾瀬へキャンプ・大森高1年の夏

スキー教室・万座温泉・大森高1年の冬 大森高校ハワイ前・大森高3年の夏 明治大学入学・学生手帳用写真 1965年夏・広井洋子さんと
       

これ以降の写真集は

こちらへ!

父 誠 1921 - 1986 母 寿子 1919 - 2001